ネオン蝶 倉科遼・東克美

 

19歳の春、高校を卒業した桜子は、おばさんの経営するスナックに働く為上京する。
小さい頃から、銀座のホステスとして働いていたおばさんの派手で綺麗な様に憧れを持っていた。
母親が15歳で亡くなり、父親が再婚するので高校卒業を機に上京を決心したのだ。
ホステスとして、働き始めると桜子にとって現実は憧れより厳しいものだった。
おばさんと同居しているマスターに襲われそうになり、経営の傾いたスナックの借金の為、貸金業者とのセックスを強制させられる。
しかし、桜子はネオンの蝶として銀座のトップホステスを夢にホステスとしての道を歩んでいく。

 


ホーム RSS購読